FAQ

よくある質問

HOME | よくある質問 | エラーコードP0135、P0141、P0155、P0161についてについて教えてください。

Q エラーコードP0135、P0141、P0155、P0161について教えてください。

A O2センサーのヒーター系統に問題が発生しているエラーコードです。
ポジションによって検出されるエラーコードは異なります。

A/FセンサーとO2センサーのジルコニア素子は低温では正確な検出ができません。
O2センサーは400度以上、A/Fセンサーは、750度以上で活性化され正確に検出できるようになります。
エンジン始動時でもすぐに動作するように電熱ヒーターを設けて温度を上げる仕組みになっています。
 
考えられる原因としては、
1、O2センサーヒーター回路の断線
2、カプラ接触不良
3、ハーネスの断線や異常
などが考えられます。

O2センサーの不良かどうかの確認は、以下の方法で簡易的に確認が出来ます。
冷感時のコンディションで作業を行ってください。
1、テスターを用意します。

2、O2センサーのカプラを外します。
4本線のうち、同色2本がヒーター回路の配線です。
(メーカーによって配線色が異なります。)

3、テスターを使用し抵抗値を測定します。
規定の抵抗値があればO2センサーも問題はありません。
(規定の抵抗値はセンサーによって異なります。)

 
【注意事項】
・必ずエンジンを切った状態で作業を行ってください。
・抵抗値は温度に影響されるのでセンサー本体が常温時に測定してください。
・作業中に生じた如何なる損害に関して当社は責任を負いかねます。
・有識者の管理のもと作業を行ってください。
オーツさん

お問い合わせ

CONTACT

 
KEA商品、企業情報に関するお問い合わせはこちらからお問い合わせください。